SDGs探究Library

SDGs探究AWARDS2022開催決定!

SDGs探究AWARDS2021
受賞作品

審査員特別賞
(池田)

『言語の多様性と固有文化の保護・継承のシステムの確立』
~ハワイ文化川柳コンテストを通して~

ハワイ文化メディアチーム 富士見丘高等学校

  • SDGs Goal. 4質の高い教育をみんなに
  • SDGs Goal. 8働きがいも経済成長も
  • SDGs Goal. 11住み続けられるまちづくりを
  • SDGs Goal. 17パートナーシップで目標を達成しよう

PDFファイルダウンロード 富士見丘高等学校 ハワイ文化メディアチーム.pdf

受賞者からのコメント

このたびは、審査員特別賞という素晴らしい賞にお選びいただきありがとうございます。私たちは、昨年4月から在籍校の探究学習プログラムを通し、ハワイ大学の教授によるオンライン講義を毎月受講する中で、「消滅言語の保護・継承」のテーマに探究を進めてきました。その一環として、ハワイ文化川柳コンテストを実施し、運営にはハワイ州観光局の皆様や、在籍校の姉妹校であるハワイ・カラニ高校の皆様にご協力いただきました。

今回の応募に際して、私たちは独自のウェブサイトを作りました。探究の途上で、これまで着目した課題がどのようなものなのか、SDGsと私たちの探究にはどのようなつながりがあるのか、そして今後の目標とすべきことが何なのかを整理することができました。こうした再考の機会を作っていただいた点で、SDGs探究AWARDの皆様にとても感謝しています。

コロナ禍終息の折に多くの人々が再びハワイを訪れるように。言語の消滅を防ぎ、文化の多様性が大切にされる世界を築くために。今回の受賞をきっかけに、さらに多くの人に消滅言語の問題を知っていただくことができるように、私たちはこれからもこの課題と向き合っていこうと思います。

ハワイ文化メディアチーム中村貴加子
後藤麻
寺内暖乃
西村成央富士見丘高等学校

審査員からのコメント

受賞おめでとうございます。まず、素晴らしい取り組みを紹介していただき、ありがとうございました。われわれ人類は、「言語」というものを作り、文化文明を発展させてきました。しかし、昨今は言語が消滅危機にあるといわれています。グローバル社会における宿命なのかもしれませんが、そのマイノリティに価値を見出し、ハワイ語を用いてコンテストを開催したり、消滅を阻止するための活動を精力的に行っていることは、SDGsの理念に即しており、評価に値します。今後も継続して取り組んでいただけたらと思います。